中古車を購入するまでの具体的な流れとは?ステップ別に解説!

公開日:2021/12/15   最終更新日:2022/01/04

車は、私たちの生活をより豊かにしてくれる乗り物です。今回は、中古車での購入を考えているまたは決定した方向けに、中古車を購入してから納車までの流れについてご紹介します。スムーズで正しい契約を結ぶためにも、順序を理解しておくことは大切です。また、契約時に用意すべき書類や注意点もあわせてお伝えします。

中古車を購入するまでの具体的な流れ

購入する車を中古車に決定した次は、購入から納車までの流れを把握しておきましょう。流れを理解しておくと、スムーズに納車まで事を運べるうえ、万が一の失敗にも備えられます。さっそく流れを見ていきましょう。

予算の検討・決定

車の購入にはさまざまな費用が掛かります。車は本体価格だけでなく、手数料やオプションサービス料などで価格が変動します。また、車購入後にかかる駐車場代・税金・修理費などの維持費用もかかるため、それらを考慮して予算を決める必要があるのです。

車種の検討・決定

予算決めの次は、購入する車種決めです。売られている車にはさまざまな種類が存在します。メーカーごとで性能も異なるため、自分のライフスタイルや車に求めるものを考えて、車を検討しましょう。

販売店へ問い合わせ

予算、車種を決定した後は、実際に中古車を販売している店舗に行きましょう。最近は中古車のまとめサイトなどもあるため、希望の車種を取り扱っている販売店にあらかじめコンタクトをとっておくこともおすすめです。

販売店に行く

店舗を決めてアポイントを取ったら、実際にお店に行って購入予定の車を自分の目で確かめましょう。車を購入する際、ネットや写真だけの情報で契約を交わすことはおすすめしません。

写真では目に見えない傷や故障箇所があったり、予算より見積もりが高く出てしまったり、希望していた車種と若干異なっていたりと、予想外の事故に遭遇する可能性があるためです。また、店舗に行くと店員から話を聞くこともできるため、より検討材料を獲得できます。

見積もりの依頼

店舗、車種が決定したら、見積もりを依頼し予算と合っているか比較しましょう。先述したように、車は本体価格以外にさまざまな費用が発生します。そのため、本体価格は予算内でも、諸費用でオーバーするケースは多いです。

ただ、費用の面でオーバーしてしまった場合、見積もりの段階であれば、値下げ交渉もできます。販売店ごとで別途費用は上下があるため、この点も踏まえて値段の相談をしましょう。

契約で使用する書類の収集

見積もり問題も解決し、値段に納得できたら契約です。ただ、契約には各書類が必要になるため、まずは書類の収集から行います。各書類については後述します。

販売店と契約

書類を集め終えた次は、契約を結びましょう。販売店と話し合い、契約日および納車日を調整します。

通常、販売店が用意した契約書で契約を交わすのですが、契約書の内容に不備がないか、違和感はないかしっかり確認することが大切です。不明な点があれば遠慮なく質問をしましょう。問題がなければ、サインをして契約を結びます。

費用の支払い

契約を結ぶと、費用の支払いを頼まれます。支払いは、契約時に現金一括で支払いを求められるパターンと、振り込みのパターンがあるようです。振り込みの場合振り込み期限が発生しますので、期限までに必ず振り込みを行いましょう。一括で支払いができない方はローン支払いも可能です。

強制保険の加入と任意保険の検討

車の契約を結んだ次は「自賠責保険」の加入です。この保険は任意ではないため必ず加入しましょう。

また、事故の程度によってはカバーしきれない部分出てくる可能性があるため、任意保険加入の検討もおすすめです。もし以前も車を保有していて、任意保険に入っていたのであれば、車両の変更手続きが必要になるため注意しましょう。

納車と最終確認

すべての手続きが完了し、いよいよ納車です。手元に車が届くと、喜びのあまりすぐ家に乗って帰りたくなってしまいがちですが、ここでは必ず車体の最終確認を行いましょう。中古車は新車に比べて保証期間が短いまたは終了している場合が多いため、この段階でしっかり確認することがおすすめです。

中古車の購入時に必要になる書類

では、先述していた購入時に必要な書類についてご説明します。車は私たちにとって便利な乗り物ですが、その反面危険もともなう乗り物です。そのため、購入時にはさまざまな公的書類が必要となります。これらの書類が欠けてしまうと契約ができない場合もあるため注意しましょう。

自動車検査証

定期的に行われる検査で、国が定めた保安基準を満たしている車に与えられる証明書類を自動車検査証、通称車検証といいます。通常納車日に販売店から渡されるため、忘れずに受け取りましょう。

自動車保管場所証明書

車を置いておく場所を証明する書類が自動車保管場所証明書、通称車庫証明書です。車を持つためには、公道や私有地に違法駐車しませんという証明が必要になります。そのため、契約時に土地を確保している証明書類が必要になるのです。

車庫証明書は通常発行から1ヶ月以内で使用切れとなってしまうため、車が見つかり契約に移行する段階で発行しましょう。ただ、住んでいる場所で車庫証明書の必要可否が異なるため、地域の警察署への問い合わせがおすすめです。

実印(普通車の場合)

通常、普通自動車の購入時に必要となります。日本では、車のような資産となる物は公的な届け出が必要なのです。例外として、軽自動車は資産から除外されるため、実印は必要ありません。

印鑑証明証(普通車の場合)

実印は市区町村に登録されたものになるため、登録されている印鑑と正しいものか証明するために印鑑証明書が必要となります。登録した地域の役所に行けば、印鑑証明書を取得できます。印鑑証明書も実印が必要となる普通自動車の場合のみ必須です。

住民票(軽自動車の場合)

実印・印鑑証明書が必要ない軽自動車は、住民票が必須です。住民票は、住所の証明として使用されます。役所に住民票の発行を依頼する際、住民票の記載事項は通常氏名および住所で充分です。軽自動車購入時は忘れず発行しましょう。

委任状(本人以外の申請時)

本人以外の第三者が契約を交わす際必要となります。忙しい方でなかなか契約に足を運べない方が発行する書類です。委任状を忘れてしまうと、販売店は登録ができないため、忘れずに用意しましょう。あらかじめ第三者への依頼が決まっている場合は、記載しておくべき事項などを販売店に聞いておくことがおすすめです。

中古車の購入時の手続きに関する注意点

中古車購入時には、流れや必要書類以外にも注意しておくべき事項がいくつかあります。スムーズに契約を進めるためにも、購入時には下記事項に注意しましょう。

諸費用の確認

何度もお伝えしているとおり、車購入には別途費用が掛かります。納車時の点検整備などにかかる費用も本体価格とは別に要求されるケースがあるため、見積書や店員に事前に確認しましょう。

保証内容の確認

販売店の保証有無、ある場合は保証の期間、保証の対象範囲などの確認が重要です。中古車は新車と比べて保証の期間が短かったり無かったりする場合があるため、故障時に対応してもらえるよう事前に把握しておきましょう。保証内容を忘れてしまわないか不安な方は、内容が記載された書類などの発行依頼もおすすめです。

用意する書類の有効期限

先ほど車庫証明書でもお伝えしたとおり、必要書類には有効期限があります。有効期限のある書類は車庫証明書の他には住民票・印鑑証明書が期限3ヶ月程度です。早めにできる書類もあるため、これら有効期限のある書類には注意して準備を進めましょう。

 

今回は、中古車購入時の納車までの流れ、必要書類や注意点等についてご紹介しました車を購入するためには、ただ料金を支払えばいいのではなく、適切な順序や必要な手続きがあります。契約時は用意する書類や流れが多いですが、スムーズに契約ができれば念願のマイカーが手に入ります。夢のためにも、今回の記事を参考に車購入の流れを把握しておきましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

中古車を購入する際に必要な車庫証明の取得方法をご存じでしょうか?車庫証明は自分でも取得できますが、販売店や行政書士などにお願いすることも可能です。この記事では、あまり知られていない車庫証明の

続きを読む

車は、私たちの生活をより豊かにしてくれる乗り物です。今回は、中古車での購入を考えているまたは決定した方向けに、中古車を購入してから納車までの流れについてご紹介します。スムーズで正しい契約を結

続きを読む

もともと車が好きでメンテナンスの知識もある人でもなければ、知識や習慣がない方も多い、中古車のメンテナンス。愛車を長持ちさせ、安全に乗るためにも、中古車購入後のメンテナンスは欠かせないものです

続きを読む

中古車に乗っている人の中には、「この車はあとどれくらいの寿命なのか?」と気になっている方も多いのではないでしょうか?とくに日常に車が欠かせない方は、次の車の購入等のタイミングとの兼ね合いから

続きを読む

活況を呈する中古車市場は新車市場とは違った魅力があります。価格の安さや憧れの車が手に入りやすいなどのメリットがありますが、中古車の購入時には必要書類の準備を求められます。では、どのような必要

続きを読む

新車と比べるとお買い得な価格の中古車ですが、購入にベストなタイミングはあるのでしょうか。実は中古車の市場は1年間を通して見つめると、一定の規則性があります。販売価格も変動をしているので、安く

続きを読む

車の購入を決めると、まず新車または中古車どちらにするか悩む方は多くいます。新車か中古車を選ぶ際は、2タイプの特徴を知ることも大切ですが、それ以上に自分がどちらの車に適しているのか把握しておく

続きを読む

値段が安く、気兼ねなく乗り潰せたりカスタムできたりと人気の中古車。在庫数が多いため、全国には多数の販売店が展開しています。しかし、良質な販売店がある一方で、利益を出そうと詐欺を行う悪質な販売

続きを読む

家族や恋人と、あるいは一人でロングドライブなど車があると楽しみは一気に増えます。そこでお得に新車よりも安く車を購入できる中古車が気になりますが、それでも決して安いお買い物ではありません。では

続きを読む

八戸市にお住まいで「そろそろクルマが欲しいな」と思っている方へ、八戸市でおすすめの中古車販売業者3選をお伝えします。記事内では、ケーユー、ガリバー、Hondacarsなど、大手の安心できる業

続きを読む