中古車はいつまで乗れる?20年乗り続けても大丈夫って本当なのか

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/03/04

中古車を買うときに気になることの一つして「あと何年乗れるのか」ということがあります。いかに安かったとしても、買ってすぐに乗れなくなってしまうのでは意味がありません。かつては、自動車の寿命は10年・10kmが一つの基準とされました。今回は、中古車の寿命や10年、20年でも自動車を乗り続けることができるのかについてまとめます。

車の寿命は約8年といわれている

自動車の寿命に関する統計はどうなっているのでしょうか。一般財団法人「自動車検査登録情報協会(自検協)」が出している「車種別の平均車齢推移表」によれば、令和33月末の乗用車の平均車齢は、8.84年で、29年連続で車齢が伸びました。

平均車齢は、初度登録してからの経過年の平均であり、新車販売台数の減少や自動車使用の長期化によって伸びます。つまり、車の平均寿命は年々伸び続けているわけです。現在は、車の寿命は8年といわれていますが、近い将来、平均車齢が9年になるかもしれません。

ちなみに、自動車のパーツにも耐用年数があります。たとえば、エンジンの動きを制御するために必要なタイミングベルトという部品であれば10年、走行距離10kmが寿命とされます。バッテリーは比較的耐用年数が短く、23年が一つの目安です。

タイヤについてはメーカーや品質にもよりますが、4年前後と考えられます。つまり、車自体の寿命は8年でも、部品の寿命が尽きて改修が必要になるケースが増えてくるのです。

自動車の寿命が10年といわれる理由

自動車の寿命が10年といわれていた理由は、メーカーが製造した自動車に対して責任を負う期間が製造物責任法(PL法)で10年と定められているからです。製造してから10年間は、その車両の純正部品を調達できるよう、自動車会社が部品メーカーと契約しています。そのため、部品交換の必要があれば、すぐに対応可能です。

しかし、10年を過ぎるとその契約が切れるため、純正部品が手に入りにくくなります。純正部品の生産が終わると、他の車のパーツを転用する「部品取り」をします。しかし、生産が中止となった車種は年々、車の数自体が減少してしまうので、部品取りすることも難しくなります。その結果、修理できず廃車にせざるを得ないケースがでてきます。

また、かつての車検制度の影響も考えられます。1995年までの車検制度では、車齢が10年を過ぎると車検の間隔が2年から1年に短縮されていました。改正後は、車齢が10年を越えていても、車検の間隔は2年でよいことになったので、あくまでも過去の影響と考えてよいでしょう。

寿命を考えるうえでもう一つの基準とされるのが走行距離10kmです。中古車を購入する際、一つの目安として考えられるのが走行距離で、一般的には1年間で1km以上、合計で10km以上の車は「過走行車」とみなされます。走行距離が10万kmを越えるとエンジントラブルやエンジン周辺の部品交換の確率も上がるとされ、過走行車は丁寧なメンテナンスが必須となります。

車を20年乗り続けても問題なし

近年は、車の性能が上がってきたといわれています。実際のところ、車は何年乗ることができるのでしょうか。結論をいえば、メンテナンスさえしっかりできれば20年でも乗ることは可能です。車は2万点とも3万点ともいわれる部品から構成されている精密機械ですが、部品の交換さえできれば、理論上、半永久的に乗り続けられます。

それでは、20年以上にわたって同じ車に乗り続けるためには何が必要なのでしょうか。まず、エンジンオイルの定期的な交換です。1年に1回、走行距離1kmが一つの目安となるでしょう。車の心臓部であるエンジンが持てば、その分だけ車の寿命を延ばすことができます。

バッテリーの交換やボティの傷の修復にも気を配りましょう。表面の塗装が剥げたままだと、そこから傷が拡大し、外装が劣化してしまいます。そして、エンジンルーム内のタイミングベルトの交換。タイミングベルトが破損すると、車両が動かせなくなることもあるため、定期的にチェックしておかなければなりません。

こういったメンテナンスをこまめに行うことで、車の寿命を長くできます。人間でいう「かかりつけ医」のような自動車業者を探せるかが、自動車の寿命を延ばせるかどうかの分かれ道になるのではないでしょうか。

 

今回は「中古車はいつまで乗れる?20年乗り続けても大丈夫って本当なのか?」と題して、車の寿命についてまとめました。2021年現在、車の平均寿命は8.84年。年々寿命が延びてきました。

かつて、車の寿命は10年、走行距離10kmが目安とされていましたが、その理由は純正部品の生産が10年しか保証されないからです。それ以後は、交換できる部品が存在し、エンジンなどのメンテナンスを適切に行えば20年乗り続けても問題ありません

もともと、日本車は海外の自動車に比べ耐久性が優れているという長所を持ちます。近年、自動車の保有年数が増え、同じ車に長く乗る傾向が強まっていることを考えると、今後も自動車の寿命は延び続けるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

中古車を検討しているみなさん、なんとなく販売店を選んでいませんか?実は中古車を購入する方こそ、お店選びが重要なのです。なぜなら同じ中古車でも、お店によって保証や販売価格に違いがあるからです。

続きを読む

中古車を購入した際「なるべく長く同じ車に乗り続けたい」と思いますよね。長く車に乗り続けるには、納車後にやるとよいことがあります。そこでこの記事では、中古車を納車したのちにやるべきことについて

続きを読む

サンライズモータース 住所:(青森本店)青森市第二問屋町2丁目5-13 TEL:0120-761-631 サンライズモータースは、青森県で軽自動車専門の中古車販売や車検のコバックなどを運営し

続きを読む

ゴーゴーカーズ 住所:〒030-0112 青森市大字八ッ役字矢作74-7 TEL:017-752-9741 営業時間:9:30~18:30 ゴーゴーカーズは青森市の南地区にあるミニバン専門店

続きを読む

カーセブン 住所:(カーセブン青森筒井店)〒030-0944青森県青森市筒井(大字)八ツ橋49-1 TEL:0120-707-741 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜 カーセブ

続きを読む

LIBERALA青森 住所:〒030-0844 青森県青森市桂木四丁目5番地6 TEL:0120-964-349 営業時間:10:00〜20:00 休店日:3月無休 4月未定 ※都合により臨

続きを読む

車のローンと聞くと、新車の購入時に利用するものと思われがちですが、実は中古車の購入時にも利用できます。この記事では、中古車購入時に利用できるローンについて、ご紹介します。難しいイメージのある

続きを読む

中古車を購入するとき、心配なのが「トラブル」ですよね。インターネット上で見るだけでもさまざまなトラブルが発生しています。いったいどのようなトラブルがあるのでしょうか。今回は、中古車購入時にお

続きを読む

中古車は新車と比べて一台一台の状態が大きく異なります。また、外から見ていてわからないような車の特徴や癖などを知るには、自分で試乗するのが最もよい方法です。納車後に「こんなはずじゃなかった」と

続きを読む

中古車の購入を検討しているみなさん、その車で本当に大丈夫ですか?中古車は新車とは違い、同じ車種だったとしても、より状態のよいものを選びたいですよね。ただ、車に詳しくないと何がどう違うのかもわ

続きを読む