中古車こそ試乗が大事!手順や持ち物、確認すべき点について解説します。

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/03/04

中古車は新車と比べて一台一台の状態が大きく異なります。また、外から見ていてわからないような車の特徴や癖などを知るには、自分で試乗するのが最もよい方法です。納車後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、購入前の試乗は非常に重要です。今回の記事では、市場までの手順や持ち物、試乗で確認するべき点についてまとめます。

中古車を試乗するまでの手順

ディーラーであれ、販売店であれ、購入を考えている中古車を見つけたら、展示している店舗に問い合わせが必要です。問い合わせの内容は以下の通りです。

・中古車に試乗が可能かどうか

・検討している車種に試乗できるかどうか

これらについて事前に問い合わせ、希望車種が試乗可能であれば、試乗日を予約します。試乗当日、予約時間より少し早めに店舗を訪れ、販売店から提示される必要書類を記入します。

一般的には、申込書や試乗に関する誓約書などへの記入を求められます。書類の記入が終わると、試乗開始です。試乗時間はおよそ10~15分程度。店舗のスタッフが同乗することが多く、試乗中に車の特徴やセールスポイントなどの説明を受けます。

試乗終了後は店舗に車を返却し、担当スタッフに購入意思について伝えます。保留にする場合、「〇〇までにお返事します。」と伝えたほうがよいでしょう。

中古車を試乗する際に必要な持ち物

試乗する際に事前に用意するものはあるのでしょうか。試乗の際に必要なものは以下の通りです。

・運転免許証

・メガネやコンタクトなど運転に必要な道具

・運転に適した靴

・現在保有している車の任意保険証

試乗する際、たいていは公道上を運転することになります。そうなると、運転免許証が必要不可欠です。まれに、自社でテストコースを保有しているような大型店もありますが、ほとんどの場合は公道での試乗となりますので、運転免許証を忘れると試乗できません。

その際、免許証に「眼鏡等使用」と記載されている場合は、通常時の運転と同じくそれらのものを持ってこなければなりません。眼鏡使用の条件が課されていなくても、目が疲れている場合などはメガネなどを持参し、車を運転するのに適したコンディションを整えましょう。

また、動きやすい服装をすることも大事です。とくに靴は運転時に重要ですので、運動靴など運転に適した靴を履くなど準備しておきましょう。場合によっては、現在保有している車の任意保険証が必要となります。

これは、万が一の事故の際、販売店でかけている自賠責保険を越える賠償が発生した時に、試乗者の任意保険が使われることがあるからです。ただし、保険の条件によっては自分の車以外、保険が適用されないこともあるので、試乗申し込みをする前に自動車任意保険の内容を確認しておきましょう。

中古車を試乗する際に確認するべき点

試乗は購入決定の重要なポイントです。しかし、試乗時間はわずか1015分ほどしかありません。短い時間にしっかりと確認するため、事前に確認ポイントを整理しておく(あるいは、リスト化しておく)ことをおすすめします。主なチェックポイントは以下の通りです。

・エンジンの音やエンジンのかかり具合

・マフラーから出る煙

・乗り心地

・アクセルの踏み具合と加速度

・ブレーキの踏み具合と制動力

・シフトやクラッチの状態

・ステアリング・ハンドリング

・パワーウインドウやミラーの動き

・エアコンなどの電装品の動き

車において、エンジンは心臓です。走行する前に、エンジンから異音がしていたり、エンジンのかかり具合が悪かったりする車は再検討したほうがよいでしょう。他の部品と比べ、心臓であるエンジンの修理は高額な費用が掛かるからです。

次のチェックポイントはマフラー。出てくる煙の色に注目し、黒煙などが発生していないかチェックするべきでしょう。いざ公道に出て車を動かしたとき、車の乗り心地を調べるのは大事です。シートの硬さやメーターの位置、ギアの動き具合など実際に運転しないとわからないことも多いので、よく確認しましょう。

そして、走行中にアクセルやブレーキの踏み込み具合を知っておくことも重要です。アクセルやブレーキは運転中最も使う部位ですので、どのくらい踏んだら反応するのか、重いのか軽いのかなど、自分の好みとあっているかを体感的に知っておきましょう。

シフトやクラッチが正常に動くかも大事なポイント。ここで引っ掛かりがあるようだと、不安になってしまいます。もちろん、ハンドルがスムーズに動くかどうかも調べておくべきポイントです。

意外とおろそかになるのが電装品のチェック。オーディオ、エアコンなどは動くかどうかも大事ですが、音やにおいなども要チェックです。また、電動ミラーやパワーウインドウが正常に働くかも調べておきましょう。

 

今回は中古車を試乗するときに確認するべき点についてまとめました。試乗前には販売店に連絡し、試乗可能かどうか確認しましょう。試乗するときにはメガネやコンタクトを持ち、運転しやすい服装や運動靴など運転しやすい靴を履きます。

当日はエンジンの音やマフラーの煙、アクセル・ブレーキの踏み具合など運転しなければわからない部分について、自分の目と体で確認しましょう。そして、納得の上で購入契約するのがベストです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

中古車を検討しているみなさん、なんとなく販売店を選んでいませんか?実は中古車を購入する方こそ、お店選びが重要なのです。なぜなら同じ中古車でも、お店によって保証や販売価格に違いがあるからです。

続きを読む

中古車を購入した際「なるべく長く同じ車に乗り続けたい」と思いますよね。長く車に乗り続けるには、納車後にやるとよいことがあります。そこでこの記事では、中古車を納車したのちにやるべきことについて

続きを読む

サンライズモータース 住所:(青森本店)青森市第二問屋町2丁目5-13 TEL:0120-761-631 サンライズモータースは、青森県で軽自動車専門の中古車販売や車検のコバックなどを運営し

続きを読む

ゴーゴーカーズ 住所:〒030-0112 青森市大字八ッ役字矢作74-7 TEL:017-752-9741 営業時間:9:30~18:30 ゴーゴーカーズは青森市の南地区にあるミニバン専門店

続きを読む

カーセブン 住所:(カーセブン青森筒井店)〒030-0944青森県青森市筒井(大字)八ツ橋49-1 TEL:0120-707-741 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜 カーセブ

続きを読む

LIBERALA青森 住所:〒030-0844 青森県青森市桂木四丁目5番地6 TEL:0120-964-349 営業時間:10:00〜20:00 休店日:3月無休 4月未定 ※都合により臨

続きを読む

車のローンと聞くと、新車の購入時に利用するものと思われがちですが、実は中古車の購入時にも利用できます。この記事では、中古車購入時に利用できるローンについて、ご紹介します。難しいイメージのある

続きを読む

中古車を購入するとき、心配なのが「トラブル」ですよね。インターネット上で見るだけでもさまざまなトラブルが発生しています。いったいどのようなトラブルがあるのでしょうか。今回は、中古車購入時にお

続きを読む

中古車は新車と比べて一台一台の状態が大きく異なります。また、外から見ていてわからないような車の特徴や癖などを知るには、自分で試乗するのが最もよい方法です。納車後に「こんなはずじゃなかった」と

続きを読む

中古車の購入を検討しているみなさん、その車で本当に大丈夫ですか?中古車は新車とは違い、同じ車種だったとしても、より状態のよいものを選びたいですよね。ただ、車に詳しくないと何がどう違うのかもわ

続きを読む